レスキュー3講習メニュー 急流救助技術専門員コース

救助者にとっても非常に危険性が伴う河川救助、現場での状況の中「救助者自身の安全確保」を最優先に考え、いかに迅速で安全な救助活動が行えるかを各コースのプログラムをレベルに合わせ体系的に訓練します。

レスキュー3ジャパンでは、現在、以下の講習を行っています。いずれの講習も、「急流の現場」という救助者にとって非常に危険性の高い状況の中で、いかに効率的かつ安全に救助活動を行うことができるかをテーマとしています。そのために必要な「正しい考え方」や「実績のある方法」「安全な装備」などを各コースのレベルに合せて伝えるのがコースの最終目的となっています。また、RESCUE3の講習では、インストラクターが、すべて国際基準である一定のルールやセオリーに基づいて、普遍的なイントラクションを行っています。つまり、教える言葉こそ違っても、教え伝える内容は世界共通なのです。いずれの講習も、常に本部から届けられる最新の情報が反映されており、講習内容も日々進歩しています。

スイフトウォーター・レスキューテクニシャン レベル1コース(3日間)

このクラスは、通常3日間、全体で約30時間の講習日程で行われます。流水でのレスキューの基本から応用までを学ぶ 総合プログラムカリキュラムです、急流救助技術者を育成と救助者自身の安全の確保が主なテーマです。で、カヌーやラフティング、川でのアクティビティーの企画運営者が身に付けておきたい講習です。

初日の講習では、1日かけて机上講習を行います。机上講習では、残りの2日間で行なわれる実技への布石として、 その行動を促すための考え方や知識を紹介します。

このクラスでもっとも強調している内容は、
1)自分自身の安全を最優先としたレスキュー活動
2)どのように『シンプルかつ迅速に行う』
かです。
このような基本コンセプトをベースとして、安全で的確な救助活動を行うために不可欠な、川の構造学や水力学、危険や障害の回避を学んでいきます。このほかにも、基本的なリバーレスキュー道具の使い方や、ロープを使用しての特殊なレスキュー方法、直接、被害者に接触して行う救助方法など、流れのある場所で実際に川に入りながら訓練していきます。

このクラスは、単独のクラスとしても、あるいはこの上のアドバンスド・シチュエーションに対処するためのレベル2クラスの 基礎としても、非常に完成度の高い講習内容となっています。このクラスの受講資格として、18歳以上の心身共に健康で、基本的な水泳能力のあることが 条件となります。

滞りなくクラスを修了した人には、RESCUE 3 スイフトウォーター・レスキューテクニシャン レベル1国際認定書(2年間有効)が発行されます。

料金

1名 40,500円(保険料込み)※期間中の宿泊費・交通費は含まれません

開催場所

利根川 (群馬県みなかみ町周辺)  ※印の日程は吉野川開催

集合場所

カッパCLUB 群馬県みなかみ町寺間18番 TEL:0278-72-1372 地図

集合時間

朝9時 ※消防関係者のみ講習の場合は、朝11時集合

必要装備

ウェットスーツ・ライフジャケット・ヘルメット  各種レンタルできます。ご相談ください。

2017年開催日程   

6月 5(月)〜7(水) 19(月)〜21日(水)
7月 3(月)〜5(水)
9月 11(月)〜13(水)
10月 17(火)〜19(木)

群馬県、利根川、講師 本間靖雄

*上記の日程以外にも開催可能です、お問い合わせください。

*3名以上の申し込みの場合、開催日程の変更、調整ができます。

*利根川以外の河川(県外を含む)で参加希望は申し出てください、可能な限り調整します。

スイフトウォーター・ファースト・レスポンダーコース(1日)

川での事故に対し、個人あるいはチームが対処する場合、そこにどのような考え方が必要になり、どのような行動を とるべきか意識できる人間を育成することを目的としているクラスです。

実際の講習内容は、レスキュー現場で、いかにして救助者の安全性を確保すべきなのか、そしてそのためにはどのような 認識と方法論を持ち、また、どのような装備が必要なのか、基本的なレスキュー方法を実施しながら紹介していきます。このクラス受講の対象者は、 水辺でのレスキュー活動に携わる人や、学校行事・職務、ボランティア活動、またレジャー指導として水辺に関わる人すべてです。

プログラムは、約4時間の机上講習と約5〜6時間の実地訓練を基本的に展開します。また、このクラスでは地域や受講生の 特性に対応し、クラス内容の一部の幅を広げることも可能です。

クラス修了者には RESCUE3 スイフトウォーター・ファースト・レスポンダー 国際認定証 が発行されます。


料金

料金 1名20,500円(保険料込み)

開催場所

利根川 (群馬県みなかみ町周辺)  

集合場所

カッパCLUB 群馬県みなかみ町寺間18番 TEL:0278-72-1372 地図

集合時間

朝9時 ※消防関係者のみ講習の場合は、朝11時集合

必要装備

ウェットスーツ・ライフジャケット・ヘルメット  各種レンタルできます。ご相談ください。

2017年度開催日程 

群馬県〜利根川 講師:本間靖雄

6月 9(金) 16(金)
7月 7(金) 19(水)
9月 5(火) 15(金)
10月 23(月)

 

群馬県 利根川、講師 本間靖雄
*上記の日程以外にも開催可能です、お問い合わせください。

*3名以上の申し込みの場合、開催日程の変更、調整ができます。

*利根川以外の河川(県外を含む)で参加希望は申し出てください、可能な限り調整します。

TRR-Tテクニカルロープレスキュー テクニシャン

講習初日は、救助者に必要となるレスキュー哲学や装備に関しての学科と基本的なロープワークを学び、2日目の実習ではそれらを応用した傾斜面(ロゥアングル)においての上昇・下降および救助法を習得します。3日目は、より組織的なロープレスキューテクニックを駆使し、垂直壁またはオーバーハング(ハイアングル)での上昇・降下および救助法を実習します。

講習で紹介する技術や知識は、山岳や崖でのレスキュー活動はもちろん、高層建築物、洞穴、密閉空間、倒壊家屋やビルなどにおけるさまざまなレスキューに適用できます。また講習内容が学科項目、実技項目ともに体系的に構築され、理論的かつ合理的な内容になっているのが最大の特徴です。また、作業中のレスキュアーの安全管理を徹底重視しているのも特徴のひとつです。本講習は、ロープを使用するレスキュー活動のすべてに有益な講習内容となっています。これからテクニカル・ロープレスキューに関与する可能性がある方には最適です。また、すでに救助者として活躍されていて、救助経験や高度な技術をお持ちの方ならば、それを体系化するための格好の場になります。当プログラムは、アメリカNFPA(全米消防協会)のガイドラインに準拠しています。

講師 

藤原尚雄 

料金

料金 1名 46,000円(保険料込み)※交通費・宿泊費用は含まれません

開催場所

利根川 (群馬県みなかみ町周辺)  

集合場所

カッパCLUB 群馬県みなかみ町寺間18番 TEL:0278-72-1372 地図

集合時間

朝9時 ※消防関係者のみ講習の場合は、朝11時集合

必要装備

ウェットスーツ・ライフジャケット・ヘルメット  各種レンタルできます。ご相談ください。

 

お申し込み・ご質問はこちら